リウマチの概要

ドクター

リウマチとは

リウマチとは、手足の関節や骨の腫れを引き起こしたり、痛みが発生する病気です。重度の症状になると、手足が動かせなくなってしまうなど日常生活に大きな悪影響を及ぼします。世田谷区にはリウマチが治療できる診療施設が多くありますので自分に合った所を選びましょう。

初期は風邪に似ている

リウマチの初期症状は体のだるさや発熱などが発生します。風邪の症状と似ているので見落としがちです。関節が腫れ始めたら注意が必要です。関節の腫れや痛みは全身に転移しますので、早期発見を心がけましょう。何か異変を感じたらすぐに病院へ行くことが大切です。

リウマチ患者の声

最初は小さい関節から始まりました

リウマチは小さい関節から症状が現れやすいと言われています。実際に私も指先といった小さい関節から始まりました。初期の段階で気づけたので、治療をスムーズ行なうことができました。早期発見が治療にプラスに働きました!

パートナーの理解の下出産できた

リウマチにかかっていると出産後に症状が悪化する場合があると医師から聴いていたので不安でした。無事に出産できたことが何よりも嬉しかったのですが、その後の家族や医師のサポートがあったためリウマチが悪化することは無かったです!

信頼できる主治医に出会えた

リウマチにかかってしまったときはとても辛かったのですが、信頼できる主治医に出会えたことで安心して治療に励むことが出来ました。最近では治療薬も登場していますので、信頼できる医師の指導の下服用することが大切だと思います。そのおかげで悪化を防げています。

リウマチの症状を和らげる方法BSET5

no.1

運動する

第1位は、運動することです。もちろん医師の指導の下運動を行なうべきですが、程度な運動は関節リウマチに良いと言われています。施設によっては運動療法を取り入れているところもあります。動かせる範囲内でも良いので、適度に運動を行なうことが大切です。

no.2

腫れによっては温める

第2位は、患部を冷やす方法は多くの医療機関が行なっている方法なのですが、腫れがひどくない場合は、患部を温めることも大切です。もちろん医師と相談の上判断するべきですが、温めることで血流が良くなり症状が緩和する場合があります。

no.3

禁煙する

喫煙はリウマチにとっての危険因子です。たばこを吸っている患者は、たばこを吸っていない患者に比べて関節リウマチの治療の達成度が低いとされています。また、喫煙は他の合併症を引き起こす可能性がありますので控えるようにしましょう。以上の理由で第3位にランクインです。

no.4

歯を綺麗に保つ

第4位は、歯を綺麗に保つことが大切です。意外かもしれませんが、歯周病と関節リウマチとは関係があるといわれています。抗CCP抗体は、関節リウマチを悪化させる働きがあるとされていますが、歯周病菌によって抗CCP抗体が発生しやすくなるのです。

no.5

水中ウォーキング

水中ウォーキングは、全身の筋肉を適度に鍛えることが出来ます。水中だと関節への負担が少ないので、リウマチの方にとって運動しやすい環境です。また、全身の筋肉を鍛えることで、関節を支える筋肉も鍛えられてリウマチに効果的だと言われています。

広告募集中